むしゃ武者

さすらいの美食侍 むしゃ武者 和食 イタリアン 中華 フレンチ アジアン 寿司 エスニック 熊 なんでもござれじゃ!

2015年03月

5
むしゃむしゃむしゃむしゃ。
あぁ旅に出たい…旅に出たいでござる。
そうだ、北海道に行こう。

今回はそう、遠征むしゃでござる。遠征むしゃなのでござる!


旅のお供は食通のATSUSHI殿とYEAHICHIRO殿。この方達の食通ぶりには拙者も注目しているのでござるよ。


羽田空港から飛行機なるものでひとっ飛び。拙者が現役の頃は飛行機なるものなどなく、旅と言えば、山を越え谷を越え、時には茶屋で団子をむしゃりながら、何十日もかかるものであったが。
今回はギリギリに空港に到着したら満席で無料でプレミアムシートに格上げできたでござる…何とも幸先の良い船出じゃ。
一応機内食もプレミアム仕様であったが…まぁ拙者レベルになると大したことはなかったでござる。おっと毒を吐いてしまった、失敬、失敬。



北海道に来たならまずは札幌じゃな。
最初にご紹介したいのはこの店じゃ。

㐂ばらし

食べログ 先生の情報はこちら。


きばらし と読むそうじゃ。
北海道一の歓楽街、札幌すすきのに店を構える。とにかく新鮮で、味の良い魚を提供しており、他県からも多くの客が訪れる名店でござる。拙者達の隣に座っていたファミリーも江戸から遥々来たとおっしゃっていた。

うむ…この店構え、イケてるでござる。



一品は大将お任せの刺身の盛り合わせ!見てくだされこのボリューム、そして東京ではなかなか出逢えない質!
アワビ、大トロ、シャコ、ホタテ等々、そして一番の衝撃はこの海老!デカい!甘い!美味い!
最初からやられたでござる。


そして次はウニ。ザルに入ったウニ。北海道ではザルにウニを入れると言う習慣があるのか?


透き通るイカ。なんと生きたイカを大将がその場で調理してくださった。
大将、イカす!…駄洒落でござる。


キンキの煮付け。身はとろけるように柔らかく、味は程よい濃さ。見た目よりもかなりあっさりしている。美味でござる。



毛ガニ。正直ベース、今まで食べた蟹の中で一番うまいでござる、正直ベース。身が詰まっており、カニの臭みが全くと言っていいほどない。味噌が濃厚な、大将自慢の一品。


アスパラとホタテのバターあえandポテトサラダ。
うまいのだが、正直ベースお腹いっぱいでござる、正直ベース。



シーフードカレー。贅沢にも今まで食べた新鮮な魚介類がふんだんに使われておる。こんな贅沢なカレー、未だかつて食べたことがあろうか?いや、ない。

デザートは果物の盛り合わせでござる。大将がリンゴ(かなりこだわりの高級リンゴ)の説明をしてくださったが、既にかなり酔っ払っており、全て忘れたでござる!


しかしどれも美味しい上にかなりのボリュームであった。
お酒もビールと焼酎をたらふく飲んだが、合計で12000円とのこと。
大満足でござる。



この㐂ばらしと言うお店、素晴らしかったでござる!北海道を訪れた際には、是非とも立ち寄ることオススメするでござる!






さて、次の訪問先はどこにするかのぉ。

5
むしゃむしゃむしゃむしゃ。
今日は拙者が足繁く通う店でござる。

つじ田

食べログ 先生の情報はこちら。

有名なので知っている人も多いと思うのでござるが、拙者はここのつけ麺が真に好きでしょっちゅう通っているのでござる。

拙者ラーメンよりもつけ麺派なのだが、これまでむしゃったどのつけ麺よりも美味なのだ!


それがこの濃厚つけ麺!!!


つい最近までは「二代目つけ麺」という名称だったのだが、いつの間にか「濃厚つけめん」に変わっておった!

ここは本当にいつ来ても行列。
夏も冬も並ぶ、並ぶ、並ぶ。
ただ、並んでいる人に対しての気配りも素晴らしいのがつじ田の魅力。

夏は熱中症にならぬよう、店前に給水機があって自由に飲めるようになっているし、冬は冬で強力なストーブが2台設置されており、客への気遣いを感じられる。

さらにはベンチも1〜2脚あるので座っても待てるため子連れで来る人もいるのだ。


さて、このつけ麺。
ご覧の通り太麺で、少し角ばっている。これがあるおかげかコシが強くて美味なのだ!
スープは濃厚な豚骨魚介。

食べ方としては

1,まずはそのままむしゃる
2,すだちを麺にかけてむしゃる
3,黒七味を麺にかけてむしゃる

濃厚なスープを味わってから、すだちをかけるとこれまたビックリ!!
一気にサッパリして今までと全く違う風味になるのだ。
最後に黒七味をかけるかどうかはお好みであるが、異なった味わいを感じられるのが非常に気に入っているのである。


拙者つじ田は本当に好きなので、ついついこの記事にも熱が入ってしまったでござる(恥)

とにかくここはオススメなので一度は足を運んで欲しいでござるなー!

記事を書いていたらむしゃりたくなってきたのう。。。
週末にでも行こうかのう〜




さて、次の訪問先はどこにするかのう。。。





4
むしゃむしゃむしゃむしゃ。
本日は鰻でござる!

竹葉亭

食べログ 先生の情報はこちら。


鰻も有名な店はいくつもあるが、拙者が訪れたのは竹葉亭。
歌舞伎座の向かい側にある店なので銀座の一等地にある老舗の店舗でござる。

店内は地下1階から地上2階の3階建て。
拙者は2階の座敷席に通された。

拙者がむしゃったのは全部で3品。

鰻の玉子焼き
玉子焼きも鰻も出汁の味がきいているのだが、大根おろしと合わせると尚うまい。

白焼き
白焼きを初めてむしゃったのだが、鰻の脂はたっぷりなのにしつこくなく、非常に食べやすかった。

うな重
文句無しのお味。
鰻も大きく立派であったし、タレは控えめだったが美味でござった!拙者濃い味を好むのだが、この控えめなタレも山椒を効かせるとまた美味しくなるのでござる。
鰻の身も厚くて食べ応え十分であった!

3品を2人で食べてそこそこ腹が満たされた。
鰻と言えば値が張るイメージだが、
驚くほどの価格ではないし、老舗かつ銀座一等地でこの価格であれば非常に満足のいくものでござった。

竹葉亭を訪れたのも昨年の夏なので、暫く顔を出していないのだがまたむしゃりに行きたいと思える店でござる!



さて、次の訪問先はどこにするかのう。。。



3
むしゃむしゃむしゃむしゃ。
今週も拙者がお気に入りの店を紹介するでござる。

今日は洋食でござるのだ。

ラ・メール・プラール

食べログ 先生の情報はこちら。

有楽町駅の国際フォーラム口から徒歩2〜3分。

ここの店は、もんさんみしぇる(正しくはモンサンミッシェル、だったかのう?)
に本店を構えている洋食屋でござり、ふわっふわのオムレツが有名なのでぜひむしゃむしゃしたかったのだ!



外観はこんな感じ。
フランスの雰囲気をふつふつと感じさせる上品である。

店内に入ると明るく、白が貴重、赤がポイントで、こーでぃねーとされておった。


ナフキンもいと可愛いらしい。。。

メニューを見ると思ったよりオムレツの種類が多くて悩むのである。
むむむ、何にすべきか、、、


むむむ?
コース料理があるではないか!
拙者、3,300円のコースにしたのだ。
・オードブル
・オムレツorマルミット(鍋料理)
・デザート
・ドリンク

ドリンク以外はすべてメニューから選べるのじゃ!

そして白ワインもボトルで頼みぐびぐび。


拙者、武者でありくまさんなのだがワインが好きでのう。最近はシャンパン?というシュワシュワしているやつも好んで飲んでおるのじゃ。


おっと、こんなこと言ってる間にいつの間にかオードブルが到着。

拙者は、日替わりサラダ。
今日は仔羊肉のキッシュ


仔羊肉はひき肉でござったが、味がしっかり出ておった。

むしゃ丸はホタテのマリネサラダ


ホタテが若干小ぶりだった気がするが、オムレツをむしゃりに来たので良しとしよう。
盛り付けは女子が好きそうなカラフルな感じじゃ。

オーダー時に付け合わせをパンかポテトで選べるのだが、ポテトが予想以上に美味でござった!
塩っけがちょうど良く、ワインも進む進む。




そして来ましたオムレット!

フォアグラリゾットのオムレツ




キノコのオムレツ


オムレツは実にシンプルで塩の味付けのみな感じ。
中に具は入っておらず、オムレツの外にある具と絡めてむしゃるのだ。

そして見よ!このメレンゲ!!
ふわふわふわふわふわふわふわふわ。

拙者ふわふわしているものが好きなのでござる!
拙者の飼い犬もふわふわでのう。。。

くまが犬を飼うのかって?
飼うでござるよ。愛でているのでござるよ!
は、話が逸れてしまった。拙者の飼い犬の話はまた後日いたそう。


オーダーした時は果たしてオムレツで腹が満たされるのかと懸念したが、
ふわふわのオムレツが以外と腹に溜まってのう、満腹満腹じゃ!

そしてラストの甘味タイム。

フォンダンショコラ


これもまた中のチョコレートがとろっとろで


拙者の食べるペースを店員さんが見計らっていてくれたのだろうか、
焼き立てのあたたかーい甘味でござった。

あとは季節のムース


訪れたのが3月上旬だったため、季節のフルーツはイチゴでござった。
甘すぎるものが苦手なむしゃ丸は、この位のフルーツの酸味とほのかな甘みのムースでちょうど良かった様子。

最後は
エスプレッソとカフェラテ




エスプレッソやラテを最後に飲むと
ホッとするのはなんでかのう…










武者だからって緑茶ばかり飲むわけではないでござるよ!
別に焦ってないでござるよ!
駄洒落も思いつかないでござるよ!


ちょっと緑茶でも飲んで落ち着いてくるでござる。


つ、次の訪問先はどこにするかのう。。。








4
むしゃむしゃむしゃむしゃ。
本日も拙者が訪問した店を紹介するでござるよ。

先日ランチで訪れた店、

熊さわ

食べログ 先生の情報はこちら。


銀座駅6丁目にある地下一階の店舗。

実はこの日別の店に向かっておったのだが調査不足でまさかのブッフェだったため(拙者ぶっふぇは苦手でござるのだ)銀座を流浪しておった。

そこで出会ったのがこの熊さわ。
熊の拙者が惹かれない訳がないこのネーミング。
迷わず階段を降りてみたら老舗的な佇まい。


拙者はランチの終わり時間13:30ピッタリに店に到着。
時間が時間、断られても仕方ないと思いつつ店主にまだむしゃれるかと伺ったところ嫌な顔ひとつせず、通してくれた。

店内にはカウンター席にお一人様が2組。

店主とも会話をしながらむしゃっていたので常連だろうか。
穏やかな空気が流れておった。


さて、メニューは4種類。


この日はばくだん丼と煮魚は売切れとのことで、拙者とむしゃ丸は
麦とろご飯と焼き魚、牛すき豆富膳を注文。

麦とろご飯と焼き魚


焼き魚は秋刀魚と鰆の西京焼き?の2種類。
秋刀魚は脂がたっぷりのっておった!
西京焼きは拙者の好きな魚のむしゃり方なので文句なしのうまさ!!
そして麦とろとあわせてむしゃむしゃするのがこれまた美味でござった。


そして牛すき豆富膳


牛肉が柔らかく味が染み込んでおりこちらも美味。
むしゃ丸の飯だったので、拙者が大量にむしゃるのは少々気が引けて一口だけ。

そしてなんとランチには甘味もついておるのだ!
本日の甘味は黒胡麻アイス

写真が無いのは、美味すぎて撮影するのを忘れてしまったのだ。


くまうっかり。

駄洒落でないのでござる。



・・・・・・・・。





駄洒落はともかく、黒胡麻アイスを甘味として出す店は多くない。
アイスがまた濃厚なのだが黒胡麻だからしつこくなくペロリとむしゃった。
甘味が得意でないむしゃ丸がペロリだったのがその証拠でござる!

拙者らが訪れたのが閉店間際だったのですぐに入店できたが、普段のランチタイムはどうやらかなり賑わう人気店なのだそうだ。

再び訪れるときは、ぜひ売り切れていたばくだん丼をむしゃりたいものだ。



次の訪問先はどこにするかのう。








このページのトップヘ