むしゃむしゃむしゃむしゃ。

そう、拙者流浪のぐるめ武者、むしゃ武者でござる。
本日も良き天気でござるな。こんな日は散歩でもしてのんびり美味な飯をむしゃりたいものでござる。
拙者のもふもふな愛犬と旅にでも出ようかのう。


見よ!このもふもふな尾っぽ!!!
そうじゃろうそうじゃろう、立派でござろう?!
むむ?これではよく見えないと聞こえてきそうだが…大事な愛犬、そう簡単には披露できないでござるよ。


その代わりと言ってはなんだが、先日むしゃった美味な店を披露するでござる。

久々に和食をむしゃりたくて訪れた店じゃ。

酉玉

食べログ 先生の情報はこちら。


飯田橋駅から徒歩10分程度でござろうか。
白金が本店だったかの?
神楽坂から一本中に入った所にある店でござる。さすが神楽坂、周辺にも雰囲気の良い店舗が佇んでおった。
店の前にはメニューがずらり。




こちら鳥のほとんどの部位をむしゃれるとの事で期待が高まる。
店は少し階段を下り地下一階にある。


店内はカウンターのみで22席。
中央の調理場を囲む様に作られておる。
ちなみに全席禁煙でござる。

さて、まずは品書きを眺める。


お通しは


野菜と味噌。
写真にはないが、実はカウンターには他にも味噌が2種類あるのでお好みの味噌でむしゃれる。
拙者はニンニク風味?の味噌がお気に入りだ。

続いては、ささみのわさびの芽和え


本当はたご様子。それでもわさびの芽がちょうど良いぴり辛具合で美味だった。白レバーたたきをむしゃりたかったのだが、本日は仕入れがなかったご様子。それでもわさびの芽がちょうど良いぴり辛具合で美味だった。

続いては味噌漬けモッツァレラとセミドライトマトのカプレーゼ


焼き鳥屋さんなのにかぷれーぜ?!
と思いきや、こちらの店舗、ワインも取り揃えおるそうでワインにも合う前菜があるのじゃ。

この後のメインは
酉コース 7本
怒涛の串焼きらっしゅでござる!
行くでござるよ!
よーいどんっ

みさき


口直し


大根おろしの上に卵の黄身がぽむっと乗っているのでござる。
塩っけのある味が続く串焼きには、この様なさっぱりとした口直しが出てくるのが非常に良いでござるな!

さて、続いては
まるはつ


ぎんなん


そろばん


せぎも


手羽先


金針菜


金針菜は初めてむしゃったのだが、百合の蕾だそうで、ほうれん草の20倍もの鉄分があるそうな。貧血や精神安定にも効くらしい。
(ちょうど武者として多忙な時期の拙者にとっては有難い食材でござった。)

全てが肉だった訳ではなかったので、少し物足りない。。。
そこでさらにおーだぁーじゃー!!!

まっしゅるーむ


椎茸みたいでござろう?
のんのん、まっしゅるーむなのでござるよ!

きんちゃく


大好物。鶏肉と卵黄が口の中で広がってたまらんのじゃ。



春の旬の食材じゃ。
拙者もその昔は裏の竹林に出向いて採取したものじゃ。


それはさておき。
最後のシメじゃ!!

酉すーぷ


巨匠の親子丼


いやはや、誠に美味でござるよこれは。
べりー でりしゃす!!!

今回は写真からも味の良さが伝わっているのではなかろうか。

席は常に満席で予約の客ばかりでござった。日曜でも21時過ぎでないと予約無しの客は入れなそうであった。
満席とはいえ、サービスが行き届いていないかというとそうでもない。

むしろカウンター席しかないので、店員との こみゅにけーしょん も取りやすかったように感じる。

ぜひもう一度訪問して次回こそは白レバーのたたきをむしゃりたいものじゃ。






次はどこを訪問するかのう。